有名幼稚園に入園するためには受験が必要です。一般の幼稚園でも面接や入園テストがありますが、そこに違いはあるのでしょうか。有名幼稚園に入園する目的は、エスカレーター式で大学まで進学することができる、提携有名小学校への入学が優先される、親が同じ園を卒園したから、などがあげられます。いずれにしても、子供の教育を考えての選択ですが、受験を乗り越えるにはそれなりの準備が必要です。しかし、受験をするのは2歳から3歳の幼児ですから、なにも難しいことを要求されているわけではありません。家庭の中でできるしつけや学習などが最も大事になります。そして、親がしっかりと子供をささえ、良識のある人間であることも大切です。そして、幼稚園受験では、それにかかる費用なども事前に把握しておく必要があります。

幼稚園受験で合格するにはしつけが大事です。

幼稚園受験では、高いところでは倍率が10倍になるといったところもあり、きちんと準備をしなければ入園を許されない場合があります。まだ幼い子供のどんなところを受験では見ているのでしょうか。第一に行動観察といわれるものです。例えば、遊びの中で物の貸し借りができるか、情緒が安定しているか、表現力が豊かか、語彙は豊富で的確かなどもあてはまります。優しく子供らしい性格であることや、一定のマナーや礼儀が守れるといったことも見られているようです。まだ難しいペーパー問題などを解ける必要はありませんが、家庭の中でできるしつけがどれだけ身についているかが最も大事なことです。幼稚園受験をするためには、まだ小さいからという理由で甘えさせず、きちんとした生活態度や言葉遣い、ルールとマナーを、遊びを通して学ばせることが重要です。

親と子にとってベストな選択であるか見極めよう

幼稚園受験は、入園すれば後々子供にかかる高校受験や大学受験の負担が減る場合が多くなります。しっかりとした教育が幼少期から身につくことは将来的な安心材料です。しかし、幼稚園受験で合格するためには前述したとおり、親と子のかかわりが深く、いろいろな体験や指導、しつけなどの家庭学習を豊富に与えることが必要になります。それが正しい方法で、無理なく親と子にとって望ましい形でなければ幼稚園受験は辛く厳しいものになってきます。また、幼稚園受験では多額の入園費用、月謝や寄付金、合格した後の進路にかかる費用など、経済的な負担は公立の学校に入学した場合の何倍にもなります。経済的に無理をして幼稚園受験をした場合には、周りの家庭との格差に引け目を感じることにもなりかねませんので気をつけましょう。

一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 幼稚園受験に関するお問合せはこちら