高校や大学に入るための受験戦争は今やほとんどの若者が経験することになります。将来の仕事に繋がっていく重要なものであり、塾に通い、もしも志望校を落ちた場合には予備校に通ったりしてとにかく頑張るのです。ただ、受験は大学だけではありません。単に近所の公立校に行くのではなく、何らかの理由で行きたいところができた場合には、幼稚園受験・小学校受験・中学校受験とそれぞれに頑張ることになるのです。ある程度の人格形成がなされ自身で頑張ろうとし始める小学校以降と比べ、幼稚園受験は親の意思が多分に働いています。なぜ幼稚園の頃から受験戦争に参戦しようとするのでしょうか、塾や予備校に通う高校や大学受験と比べ、幼稚園に入るための受験勉強とはどういったものなのでしょうか。

なぜ幼稚園受験を受けさせたいのか

人気が高いのが、大学の付属幼稚園です。特に公立大学付属は希望者が多いです。その理由は学費が圧倒的に安いから。国立大付属だと国の先進的教育を受けさせることができるのも魅力です。しつけを厳しく行なってくれるようなカトリック系の幼稚園も人気です。幼稚園自体の魅力だけではありません。学級崩壊や先生たちの対応・教育方針など公立学校への不満や疑問から幼稚園受験を希望する方もいます。近所に素行の悪い子とその親がいる場合など、一緒の学校に通わせるのは危険だからと違った学校に行かせる親もいます。環境のよいところで健全な教育を受けさせたいという親の想いが詰まっているのです。いろいろな考えから受けさせている以上、お受験をさせるのと公立幼稚園に行かせるの、どちらが良いとは言い切れません。

幼稚園の受験対策はどうするのか

学生が塾に通うように、幼稚園でも受験対策をしている幼児教室というのは存在します。1歳にならないころから通えるところもあるので早めに対策を行なうのもいいでしょう。ただ、ほとんどの親は1年前くらいから行なっています。とにかく希望する幼稚園に行ってみたり調べたりして園の方針や特色を知ることが大事です。そうすればどうアピールすればよいかも見えてくるでしょう。一般的には親と先生・子供と先生による面接試験と、遊ぶ様子や運動する様子を見たりペーパーテストを解かせたりといったことから子供の様子を見る考査試験とがあります。ただ、まだ幼稚園にも入らないほどの子供ですから、それほど高いレベルのことは求められません。その園でやっていけそうかどうか見る程度です。それよりも子供にあったところを選んであげることに力を注ぐようにしましょう。